2016年04月10日

保育士試験について

さて、劇団員→保育士にジョブチェンジしたわけですが。

私は保育系の大学や専門学校を出たわけではありません。
大学は文学部です!

そんな私が何故保育士資格をもっているかというと。

保育士は年1回(最近、地域によっては年2回になった)、
保育士試験があるのです。
ペーパーテストですね。
筆記に受かったら、実技試験です。

それに合格すれば取得できるのですよ。


そりゃあ、しっかり大学や専門学校で勉強するのが一番でしょう。
でも、私の様に社会人になってから保育に興味を持ったりする人は、
仕事しながら学校なんて通えないし、
一度仕事を辞めて…なんてのも経済的に難しいし。

そんな人は試験で所得できるのです。

ただ、受験に必要な条件もありますが。
短大卒以上だったり、高卒なら実務経験が必要だったりします。
でも私の様に全然畑違いの大学を卒業していても、大卒ならOKなのです。

しかし、この試験。
9科目もあってなかなか手ごわい。

私は一年間、
「どんなに疲れていても毎日2時間は勉強する。」
と決めて、公演の合間を縫って勉強していました。
ツアー公演にもテキストを持参。ホテルで勉強していました。
お休みの日はがっつり勉強。

ちゃんと一年で合格できました。


9科目ありますが、一度合格した科目はその合格が3年間有効なので、
一度に9科目合格できなくても何年かかけてすべて合格すればよいのです。

でも、その度に安くはない受験料も払わなきゃならないし、
何年も勉強するのも嫌だったので(笑)、
私は絶対に一年で合格すると決めてバリバリ勉強したのでした。

試験はマークシートで6割正解で合格
6割なら楽勝
そんな考えは甘いですよ〜

10問しか出題されない科目もあるのです。
膨大は範囲のなかから、自分の知らない問題が5問出されたらアウトなのです。
4問しかミスは許されない。
細かいところも出題されますからね〜
5択なので、あてずっぽうもなかなか厳しい。

しっかり勉強して挑みましょう(笑)


保育園の保育士にならなくても、保育士資格を持っていると役に立ちますよね。

劇団でも託児をするとき、親御さんが安心して預けてくれました。
歯医者さんとか美容院の託児スペースでも保育士として仕事が出来ます。


以上、学校を出なくても保育士になれる話でした。


posted by 里都 at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。